太陽光発電を設置したら、すぐに電気代がタダになると思っている人が意外と多いと思います。
しかし、日本中どこでも同じように発電できるわけではありません。
天気の良い日が続く地域の方が発電効率が良いのは当たり前ですが、それよりも家の屋根がどのくらい日照時間があるかを確認することも、とても重要です。
何か障害物があって日当たりが悪い家(屋根)では、せっかく太陽光発電をつけても、元を取るためにはかなりの時間がかかりますし、勿体ないことになるかもしれません。
また、デザイン性の高い屋根などには、パネルの大きさが当てはまらず、結局あまりたくさん載せられないということもあります。
大事なことは、色々な太陽光発電のメーカーから、実際の発電効率のシミュレーションをしてもらうことです。
自宅の屋根と太陽の方角、日照時間などを計算してくれるので、シミュレーションをしておくと、後悔したり、失敗したりすることは少ないでしょう。