太陽光発電は太陽がさんさんと降り注ぐ南国にあるととっても効果的に発電が出来るのではないかとお考えではないでしょうか。
太陽光発電の電力源は太陽ですので強い日差しと長い日照時間がより効果的に稼働させると誰しも考える事だと思います。
ですがもし札幌市にお住まいの方でもこういったことを考えて太陽光発電の設置をためらわれている方がいらっしゃるのであればそういった固定概念は今直ぐに捨てて下さい。
なぜならば北国札幌は太陽光発電を効率良く稼働させる自然環境が十分に整っている地域で、
むしろ本州をはじめ南国地域よりも多くの発電量が期待できるのですよ。
太陽光発電を動かすためには日照時間も重要なのですが気温も重要なファクターなのです。
太陽がさんさんと降り注ぐ南国は必然的に気温も上昇するので実は高温は太陽光発電のシステムの心臓部とも言える屋根に設置された太陽パネルにはマイナスなのです。
低温である方がより効果的に発電が出来るのです。
札幌市は確かに日照時間は全国平均以下で短いのですが気温も低いために、
日照時間の短さを補いかつそれ以上に発電効率を上げるのです。
しかも札幌市は台風もなく冬場を除けば気候が安定しているので太陽光発電のシステムを設置するにはとっても優れた環境なのです。
冬季になると札幌市は天候が荒れて雪に覆われる日が増えて発電効率が下がるのは事実ですが、
一年を通してみると本州などと比べても実は多くの発電量が望めるのです。
最近では札幌市のような北国に対応した融雪システムのついた太陽光発電のシステムも開発されていてとっても追い風なので、
札幌市にお住まいの方は是非自宅に太陽光発電を設置してみて下さい。