北海道というと雪国というイメージを抱いている人も多いと思います。
確かに北海道は寒くて雪が降り積もります。
だからといって、決して日射量が少ないわけではないのです。
実際に北海道の日射量は日本のほうでも高かいです。
さらに、広大であるため一度に広い土地を確保することがしやすくなっています。
このような利点から北海道にメガソーラーを立てる計画がいろんなところも持ち上がっているそうです。
また、メガソーラーだけでなく家庭用太陽光発電の取り組みも高まっています。
ただ北海道の冬の屋根というとどうしても雪が積もってしまい普通に太陽光パネルを設置しても雪で太陽光が当たりません。
そこで北海道のような雪国の屋根には太陽光発電パネルと一緒に融雪機器を取り付けるべきだと思います。
太陽光発電で得られた電力の一部を融雪機器のエネルギーに当てて、屋根の雪を落としていきます。
そうすることで、毎年悩まされていた屋根の雪かきもする必要がなくなりますし、冬でも屋根に雪が積もらないため発電し続けてくれます。
さらに太陽光発電を使って屋根だけでなく道路などの公共の場の雪も溶かすようにできれば、北海道の街がより住み心地の良いところに生まれ変わる可能性も十分に考えられます。
このようにして、太陽光発電を中心に置くことで、いろんな発展が導き出されることもあります。
個人や企業や行政が一段となって太陽光発電を取り入れていくべきなのだと思っています。